お知らせ

税金はどこへ行った?

2016.7.28

ニュース

「自分の納めた税金が、何に使われているんだろう」
こんな疑問をお持ちになったことないでしょうか?

自分の年収を設定すると、おおよその住民税を算出し、それらが何に使われているのかを1日当たりの金額で可視化するサービスがあります。

各地の有志が自治体の予算書などを元に、地域毎の特色を出してサービス化しているもののようです。

やり方はとても簡単で、単身者か扶養有りかを選択し、年収を線上でスライドさせて指定すると、その自治体での税金の使い道がわかる といったものです。

ちなみに、京都府京都市は http://kyoto-city.spending.jp/

その他自治体についてはhttp://spending.jp/ から地域を選択することができます。

税金の使い道は多種多様ですが、自分の住んでいる地域を限定して考えてみると、普段利用しているサービスやモノがぐっと身近になり、改めて「税金」というものを意識するようになるかもしれません。

また、最近ではもう当たり前になってきた、「ふるさと納税」の納税地を考える際にも参考になるのではないでしょうか。

 

奥野

カテゴリー

アーカイブ