お知らせ

小規模企業共済制度

2017.10.16

ニュース

 この制度をご存知の方も多いと思います。
 個人事業主や会社等の役員が、退職したり廃業した場合、その後の生活に備えて、あらかじめ資金を準備しておく制度です。

 申し込み方法には二つのタイプがあります。
 一つは従来の方式で、初回の申込金の振込が必要なタイプの「現金あり」での申し込み。
 そしてもう一つは申込時は振込をせず、翌々月に口座から3か月分がまとめて引き落としされるタイプの「現金なし」での申し込みです。

 掛け金は全額が確定申告時に所得から控除されますが、実際に支払った金額に基づいて控除されるため、「現金なし」での申し込みを選択される場合は、10月中に申し込みをしなければ、平成29年の確定申告で控除することができません。
 ご興味がある方は、お早めに検討されることをお勧めいたします。

 

奥野

カテゴリー

アーカイブ